明希工業株式会社は、関東近郊の新交通システムの台車の保守・整備の全面受注いたしました。

tel:0442882356

業務内容

新交通システム

ゆりかもめの保守・整備・修理

1996年、ゆりかもめの開業に伴い、台車の保守・整備業務を全面受注いたしました。
毎日の足として利用されるお客様の安全を守るため、当社の高い技術力がゆりかもめの輸送サービスを支えております。

新交通システムとは

一般的に、コンクリート製の高架軌道をゴムタイヤで走行する、小型でかつ軽量の交通機関を指します。コンピューター制御により無人運転されていることが最大の特徴です。また、電気で走行しているため、有害物質を排出することがなく環境にやさしい交通機関としても注目されています。
このシステムを採用している交通機関としては、国内ではゆりかもめの他、日暮里・舎人ライナーや横浜シーサイドラインなどが有名です。

明希工業の歴史

当社の新交通車両メンテナンスの歴史は1990年に横浜市に開業した横浜シーサイドライン(旧横浜新都市交通)に始まり、1996年に都心に開業したゆりかもめ、2008年開業の都心と近郊を結ぶ日暮里・舎人ライナーなど、いずれも開業前の準備段階から四半世紀以上の実績があり顧客の信頼を得ております。

>